ごあいさつ

プロフィール

埼玉県加須市で荻原ダンス教室を主宰させて頂いております。 荻原章司・春美(おぎはら しょうじ・はるみ)と申します。

image.gif          image.gif

 

平成10年2月1日に教室を開設してからすでに18年が経過しました。

好きで始めたダンス教室ですが、「肩の力を抜いて自然に楽しく美しく」をモットーにしてきました。

 

ところが、平成12年8月に「慢性肺血栓塞栓症」と診断されて病人の仲間入りをして早16年の歳月が流れました。

余命3〜5年と医師から宣告された時はなんで!と思いましたが、今では原因と結果の法則にしたがって病気が起こっただけというふうに理解できました。病気は自分自身が招いた結果でした。病気になるような生活をしていたから必然的に病気になったということですね。

 

今までやって来られたのは教室に通ってくださる生徒の皆さん、親戚、地域の人達、そして家族のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。

いつまでやれるかは分かりません。

しかし命があるかぎり諦めないつもりです。

自分にできる事をできるまでやり続けるつもりです。

皆さんのために生き続けます。

 

昨年からダンスうんどう塾塾長「小林英夫先生」を招聘して毎月月例講習会を開催しています。

またスポーツ少年団活動を開始しました。まだまだ子どもが少ないので4歳から小学生までの運動が好きな子どもたちを募集しています。

「ダンスうんどう」から「ボールルームダンス」へと発展させていきます。

今年から、ダンスに必要なバレエの基礎講座も始めました。大人も子どもも受け付けています。

ボールルームダンスも普及活動をしていかないといけないと痛感しています。

「ダンスうんどう」を起爆剤にしてこの地域からスポーツとしてのダンス、芸術としてのダンス、生涯教育としてのダンス、健康と地域のきずな作りのダンスを提供できる教室を目指していきます。

 

そのために全力を尽くしていきたいと考えています。

これからも皆さんに愛される教室でありたいと願っております。

いっしょに楽しくて面白いダンスのちからを広げていきましょう。

よろしくお願いいたします。